GARDEN

 

City garden in Seoul

to nurture your sensibility

 

感性を育てるソウルシティーガーデン

 

Just beside the stadium built

for the soccer world cup co-hosted

by Korea and Japan in 2002,

there is a miracle park of environmental ecology

that used to be trash dump.

This park is the site for this Seoul Garden Show.

In keeping with the world cup park’s concept,

we would like to present this garden program

to nurture your sensibility in which concrete waste

as well as plants and natural stones

is used for garden material.

In this garden, you can see even the idea of display garden

that we applied to our garden in Chelsea Flower Show,

which enables interaction with people in Seoul.

 

 

 

2002年、韓日ワールドカップのために造られた競技場。

そのすぐ横のゴミの山という汚名を返上し、

環境生態公園に生まれ変わった奇跡の公園が

ソウルガーデンショーの会場です。

ワールドカップ公園のコンセプトを参考に、

メインのガーデン資材として

コンクリートの廃材を使ったガーデンデザインと、

植物や石を使った感性を育てる

ガーデンプログラムを発表します。

チェルシーフラワーショーで発表した

ディスプレイガーデンも組み込み

ソウル市民と交流が生まれる

デザインです。

 

Leaves grow your creativity

葉っぱで創造力を育てる

Here we Forest Farm present an action program.

Repeatedly though training,

you will find joy in observing seasonal changes and nature.

There begins mutual communication between individuals

as well as between person and nature.

 

 

フォレストファームのアクションプログラムです。

トレーニングを繰り返すことで

四季の変化や自然観察が楽しくなり、

人と人、人と自然の

コミュニケーションが生まれます。

 

GARDEN PROGRAM

FOREST FARM