PLANTS

GARDEN of Global Interchange

世界と交流するガーデン
 

The third biggest city in Belgium,

Ghent is a city also called “a city of flower” 

that still keeps the air of the Middle Ages.

In that city every five years,

Belgian Royal Agricultural and Botanical Society

holds a flower expo, “Floralies Ghent”.

In this year of 35th anniversary,

more than 300,000 people gathered

for this flower festival

that had a long history of more than 200 years.

A green maestro MATAEMON gets

a new project started to deepen exchanges

with European people.

 

中世の雰囲気を色濃く残し

”花の都市”という異名を持つ、

ベルギー第3の都市ゲント。

そのゲントで、5年に一度開催される

ベルギー王立園芸協会主催の花の博覧会

「ゲント・フロラリア(Floraliën Gent)」。

第35回の開催を迎え、

200年以上の歴史を持つ花の祭典で、

イベント期間中は国内外から

30万人以上の入場者が集まる。

緑匠・又右衛門がヨーロッパの人々と交流を深め

新しいプロジェクトを動かし始めます。

 
Presented in Collaboration with Baraen Shokubutsujyo (Japan)
and Viveros Canos (Spain)
 

Our garden in the image of Japanese spot

garden designed by Yano TEA and produced

by green maestro MATAEMON using desert plants

from a Spanish nursery Viveros Canos won honorably

the third prize of the foreign participant award.

 

 

スペインのVieros Canos社のデザットプランツを使った

日本の坪庭をイメージしたガーデンデザインを

緑匠・又右衛門がプロデュース

矢野TEAがデザインを務め出展

外国人部門で3位受賞

 
薔薇園植物場(日本)と
Viveros Canos(スペイン)が
コラボレーション

 

 

 

Floralien

2016