PRODUCTS

 

野菜畑

FIELD

セラミック栽培技術は

砂漠などの乾燥地の緑化を目指して

開発した技術です。

土がいらない、水やりの手間も

大幅に省けるシステムは、

植物栽培の画期的な転換を図り、

内部に細かな隙間を持った

特殊なセラミックを使って開発された。

この技術は、元京都大学教授で

東京農大講師の赤井龍男氏を中心に

植物栽培の研究グループが開発し、

欧米など多くの海外での特許も成立しています。

Vegetable Plant by Ceramic Cultivation

セラミック栽培式植物工場

Ceramic cultivation technology was invented

for greenery of dry areas such as deserts.

It is an innovative way of growing plants

that requires no soil, no watering and no care using

special ceramic that has microscopic holes

on the surface of it.

Mr. Tatsuo Akai who was a former professor

at Kyoto University and is currently a tutor

at Tokyo Agricultural University

and other members of this cultivation study group

invented this technology,

which has patents in many countries

in Europe and USA.